おじさんのつぶやき日記

ysarubiak.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(最終日 )

最終日の予定・・・
米原のヤエヤマヤシ群落→みんさー工芸館→石垣島ショッピングプラザ→石垣空港→那覇空港→新千歳空港

8:00 ホテル出発 (半日バス観光)
8:30 米原のヤエヤマヤシ群落

やはり台風の影響でひどい状態である。d0050007_110291.jpg歩き始めて最初に目がとまるのがこれ、ギランイヌビワの巨木。この木は枝を広げるために板状の根(板根)を発達させる。また、小さいイチジクのような実を直接幹につける珍しい木!

ヤシの根。これも巨大である。d0050007_1129948.jpg
10mはあるヤエヤマヤシが群生している
d0050007_11292857.jpg
お店にヤシ実のジュースがなく、100円のパイナップルジュースを飲んだ。多分完熟したパイナップルを使っていなかったとおもわれる。すっきり飲めたから・・・家に帰ってもこのジュースは容易く作れる。パイナップルを凍らせてミキサーで粉砕するだけ。100%パイナップルジュースの出来上がり~

d0050007_11491411.jpgd0050007_11493214.jpg半日観光してくれるガイドさんは砂川恵子さん!ベテランで身長147cm孫が2人いる。歌が好きで三味線も5年前から習い披露しているそうだ。一緒に行った小父様たちは「おけいちゃ~ん」とリクエストしていた。
そうそう、昨日の石垣島1日観光に2名参加があったがこの大きなバスでガイドさんと添乗員と回ったんですよ。とガイドさんが話してくれたら。一番前にいた御婦人がブーイング!「私達は3島めぐりを現地のガイドだけでとっても不安でこんなツアー聞いた事無いと・・・」決まりごとなのかも知れないが2名に2名のガイド?は・・・でもこのツアー今回の前に8回同じツアーを9月からしているが・・・殆どの人達がオプションに行くこと無かったのかな~私達は時間には厳しいKがいたからバカボンでも安心していたが・・・

9:50 みんさー工芸館
d0050007_1244336.jpg
d0050007_125334.jpg

d0050007_128828.jpg沖縄の伝統工芸の説明と販売のところ。夏川りみがNHK紅白歌合戦に出た時の衣装も展示されていた。個人的にはタベストリーは好きな方だが・・・我が家には合わないので買ってこなかった。はた織り機は興味があり、以前Mさんから小型織り機を借りて、変わり毛糸でマフラーを編んだ事はある私である。

最後に石垣島ショッピングセンターでお買い物。が、我が家は那覇空港で時間があるのでそこで買う事にした。それが間違いの元だった。Kが会社にお土産として買おうと思ったお菓子が那覇空港にはあったが、パッケージが石垣島で無く沖縄になっていて失敗したと嘆く事・・・最後までバカボンだった。一緒に行った女性の人がお土産ははじめに買って旅行から帰ったらすぐ届くようにしていると話していた。いい考えかも?

d0050007_12274243.jpg八重山そばを石垣島空港で1杯のかけそばで無いけど3人で分けて食べた。美味しかった~。ケチっているわけでない。旅行会社に事前に1000円のお弁当を申し込んであったのでそれもたべなくたはならないのである。私の腰回りは今回の旅行でひどい事になっている。ともちゃんも「どうしたの伯母ちゃんそのお腹?」と・・・
d0050007_122801.jpg
最後に那覇に向う飛行機の中で今回のツアーのアンケートを全員で書いた。

●食べる物は?:いろいろな種類があったし、おいしかった。
●ホテルの感想は?:おふろとけしきがよかった。部屋もよかった。
●気にいった観光は?:水牛・ちょうちょ・予定どうりに観光ができたし、いろいろなことがわかったから。

以上はともちゃん10歳のアンケート内容です。

新千歳空港に18:25に着いて、夕食は回転寿司に行くことにした。が給料日明けの週末、何処も混んでた。が、小太郎だけはタイミングよく入ることができ、最後までラッキー。byy
by ysarubiak | 2006-09-30 20:30 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(2日目 )・ビーチホテルサンシャインの夕暮れ

2日目の部屋はオーシャンビュー!
ホテルの受付で昨日の部屋の鍵をまだもらってないとホテルマンがKに言った。すかさず、私に「どうして渡さなかった」と、私預かった覚えないが、取りあえず、カウンターでハンドバックの中身を全て出した。無い~~~Kがそれを確認してから自分のズボンのポケットの中に手を・・・「あった」・・・。っていうか、ズボンはカーゴパンツでたくさんポケットがあるパンツ。ホテルの鍵は大きかった。1日中重く感じなかったのか?やっぱりバカボン!

プールは小さい~が浸かるにはいいかも
d0050007_838506.jpg
夜ここで三味線ライブがある。(もちろん無料)
d0050007_8382181.jpg
夕日がロマンチック
d0050007_8392370.jpg
夕食の前に大浴場に入りに行く。Kの話・・・露天風呂にツアー仲間と思われる人が話し掛けてきて、退職後の妻孝行で来てるとか話して、「お子さん連れて来られたんですね何処から来たんですか?」K「北海道から・・・」一瞬シラ~。そして、脱衣室に行き浴衣を着てパンツをはこうとしたら、俺のと違う・・・昨日の脱衣かご番号の所のだった。やっぱりバカボンだと、ともちゃんと大笑い。笑いすぎてお腹も空いてしまった。

18:30 1Fのレストランでツアー全員でディナー
まだ薄あかるい。
d0050007_9183541.jpg
d0050007_9185414.jpg
食事前にお風呂に入りビールを飲んだので日本酒にした。泡盛は苦手なもので・・・
d0050007_9191170.jpg
19:30 米(よね)さんの唄&三味線
d0050007_9232334.jpg
石垣島の地ビール(マリンビール)を飲んでチョーご機嫌♪ 
アンコール♪アンコール♪アンコール♪←私達だけ大声で・・・
そして「ハイサイおじさん」を唄ってくれた。
d0050007_9233934.jpg
そして米さんが「アンコール有難う御座いました。」と、挨拶に来てくれた。
周りの人たちはすでに帰ってしまったが、酔った勢いで私達だけのために歌ってくれませんか?と聞くと、何がいいですかと聞いてきた。そして「島唄」をリクエストした。!
目の前で歌ってくれ、すっかり唄と酒に酔いしれた。
そして酔っ払いはきっぷが良い?1000円チップを渡したら、お礼に民族楽器の三板(さんば)をともちゃんにプレゼントしてくれた。この三板はテンポのある沖縄民謡などの音楽に合わせてリズムを取る楽器だそうだ。(あとで店でみると2500円で売っていた)カスタネットより色々な音が出せ指の運動にもなる?ラッキー♪30分のライブが終わった。楽しかった♪

d0050007_9235483.jpgd0050007_1030473.jpg
部屋に帰って米さんの名刺を見たら、マジック・ジャグリングもするパフォーマーだった。マジック・・・?バカボンも参考に見たかった~と残念がる。そしてまた、ともちゃんのリクエストに答えトランプゲームの大富豪をして床につく。明日はもう札幌・・・byy
by ysarubiak | 2006-09-29 23:59 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(2日目 )・竹富島

14:25 竹富島の部落を水牛車で20分間観光
d0050007_22545615.jpg
道幅は狭い。水牛は石を避けて歩く賢い!

d0050007_2332832.jpgd0050007_2334887.jpg
水牛車を乗り終え徒歩で散策。なごみの塔に登る。これがまた登るのに狭い階段と急で登り終えたら眼下を見渡すが足がすくんだ。ともちゃんは勇気がある。
d0050007_2362664.jpg
竹富島に住んでる人は全く見かけない。なんでも早朝の掃除だけ出てくるそうだ。d0050007_2393928.jpgd0050007_2395860.jpg
沖縄のフルーツアイスを食べ一休み
d0050007_23202095.jpg
お洒落な雑貨屋と喫茶店と民宿が同じ敷地内にある。

d0050007_23204264.jpgd0050007_23213348.jpg
d0050007_23215161.jpgd0050007_23233345.jpg
15:40バスに乗り竹富島観光へ星砂の浜カイジ浜へ 
d0050007_2331343.jpg
星砂の取り方は手のひらを砂に当ててそこから探す。地味な作業・・・
観光客は星砂拾いに夢中・・・

d0050007_7242487.jpgd0050007_7244455.jpg
ともちゃんいわく、買った方が早いと・・・納得!でも、景色は吸い込まれるほどステキ☆
d0050007_7282939.jpg
16:00 コンドイビーチへ。バスの中から観光。
d0050007_7344838.jpg
若者がチャリンコに乗ってこのビーチに遊びに来る。竹富島はチャリンコで回れる島。
d0050007_7371027.jpg
16:20 竹島港から石垣港へ(乗車時間10分)
d0050007_746243.jpg
竹島港でハプニングが・・・石垣島に帰るクルーザーに乗るのに一緒に行った仲間は右往左往していた。地元の観光バスガイドが最後まで責任を持ってクルーザーに案内しなかった為である。大半が乗るクルーザーから離れた所に集まっていた。私達は中心付近で様子を見ていたので、焦らなかったが・・・阪急交通への抗議が沢山出るだろうな~
d0050007_7464558.jpg
8時間の3島周遊ツアーが終った。d0050007_8145578.jpg島はいいな~西表島の奥のほうも楽しそうだまた行きた~い。次回は宿泊?
ともちゃんはイリオモテヤマネコは見る事が出来なかったので1番人気のぬいぐるみを連れて帰ってくる。
さ~ホテルで最後のディナーだ。byy
by ysarubiak | 2006-09-29 17:00 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(2日目)・西表島≪由布島≫

11:25 三原から由布島へ(200m)水牛に乗って約10分弱の旅!三線(沖縄三味線)の弾き語りを聞きながらまた皆で歌いながら渡る。水牛車の天井に歌詞が張ってあった跡があり今回の台風で飛んでいったと人事の様に話す。なんかのんびり~~では?
d0050007_19114457.jpg
水牛車の運転者?調教師?は芸術家?識名のオジイ!だった。由布島にオジイ作のたくさんのセメントで作った作品がオブジェとして置いてあるそうだ。昨日その写真を編集したのが出来たばかりと乗客に見せて人生を楽しんでいるようだ。何でも頼まれたら全国何処でも無料で作ってくれるとか?交通費と宿泊代と材料費を払ってくれたらの話だが・・・そしてあまり時間が無いのでお早めにとのこと。(笑)

d0050007_19295515.jpgd0050007_2130179.jpg
オジイ作オブジェ↓ 素敵かは?でも、上手ではある。何となくだがオジイに似てる?
d0050007_2022523.jpg
11:40 昼食は古代米入りの御飯だった。どれも美味しかった~

d0050007_2061886.jpgd0050007_2063515.jpg
由布島の中は植物園・蝶の館、ミニ動物園を合わせたような小さなテーマパークになっている。植物は台風のせいで木は倒れ塩害で葉は枯れまだ手が施されてない状態であった。
d0050007_2013468.jpg
d0050007_20155749.jpg
でも海はどこまでも青く美しい~
d0050007_2016117.jpg
蝶の館の手前に台風でやられた植物の剪定をしていた小父さんがともちゃんに声をかけてきた。「学校で蝶の観察は何の種類をしたの?」と、ともちゃん「はい、モンシロチョウの観察をしました」と、小父さん「さなぎの色は何色だったの?」と、ともちゃん「黄緑でした」と、小父さん「温室に黄金色のさなぎがいるので見てきなさい、そしてどうして黄金色なのか帰りに教えたあげる」ときた。冷静なともちゃんにビックリ!!!

d0050007_20294525.jpgd0050007_2030181.jpg
帰り道、小父さんはともちゃんに説明してくれた。「幼虫は毒草を食べるので、その毒を体内にとり込み成長していく。それを天敵の鳥などは知っていて、成虫になっても体内に毒を持っている毒蝶であることをアピールするために,わざとゆっくり飛びアピールしている。だから天敵に成虫も狙われない」そうだ。ともちゃん「ありがとう御座いました」とお礼を言ってその場を離れる。
d0050007_2191368.jpg

13:00 水牛車に乗り三原へd0050007_21112934.jpg
電信柱が水面に建っている。d0050007_2112285.jpg
三原から見た由布島
d0050007_21284453.jpg
三原からバスに乗り大原港へ。独身ガイドさんが西表山猫がいるが見たことがないと・・・みる事があるのは西表野良猫だけと笑わす。大いにうける。今日最後の観光地の竹富島へ高速クルーザーで30分で行く。byy
by ysarubiak | 2006-09-29 14:20 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(2日目)・西表島≪仲間川≫

8:00 ホテル出発

8:20 石垣港に到着
島へ行く人でごった返していた。これからは平川観光の現地ガイドが行く先々でガイドをしてくれる。っていう事は、個人プランと同じで旗持っている人はいないという事?ちょっと不安~
d0050007_1751743.jpg
8:40 高速ボートで一気に西表島へ

d0050007_1753216.jpgd0050007_1755164.jpg
9:20 西表島の大原港に到着
d0050007_1761630.jpg
バスに乗り換え仲間川をボートでクルージング
d0050007_17532349.jpg
バス兼船の運転手さんがガイドをしてくれマングローブの密林を見ながら奥へ進む。マングローブというのは木の種類かと思っていたら、淡水と海水が混じった所に育つ木の事をいうそうだ。知らなかった~。塩分を出すために黄色い葉っぱに塩分を蓄え落ち葉として調節しているそうだ。
d0050007_178217.jpg
沖縄は今月16日に台風13号が来て30年ぶりの大型台風でマングローブも沢山根こそぎ倒れていた。倒れた木は自然のままにしておくそうだ。手付かずの自然?
d0050007_17462948.jpg
上流にある、サキシマスオウの木を見学の為ボートから降り、遊歩道を歩き目的地へ・・・遊歩道はマングローブのように自然のままには出来なかったみたいで新しくなっていた。
d0050007_180738.jpg
サキシマスオウの木
d0050007_1802457.jpg
帰りカヌーのツアーにあう。行きはカヌーで折り返し地点から遊覧船に乗り変えるそうだ。これも楽しそう次回は・・・?いいかも?
d0050007_18423370.jpg
ジャングルクルーズを終え、今度は三原へバスで移動。byy
by ysarubiak | 2006-09-29 11:00 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(2日目)・ビーチホテルサンシャインの朝

Kは朝風呂に行ってヤモリの観察をしに行ってきた。ヤモリは1匹もいなかった。当たり前!夜行性だもね。昨夜の約束で6時に起きホテル前のビーチを散歩。

d0050007_18141599.jpgd0050007_18142721.jpg
砂が白い~~~水温もヌルイ~~~水着を持って来れば良かった。
d0050007_18145868.jpg
日本列島はやはり長いだけあり、沖縄の夜明けは遅い。
d0050007_1815276.jpg
今日の予定は・・・

日程表どうりの人は・・・
石垣島観光(唐人墓→八重山民族園→川平港→石垣焼窯元→玉取岬)
オプション参加の人は・・・
西表島・由布島・竹富島3島周遊コース(8時間コース:14000円)

私達はオプション参加!結局2名だけ石垣島観光で、その他38名はオプションを選ぶ。それなら最初から14000円込みの値段でミステリーを企画した方が良かったのでは・・・?と皆の意見(2名以外)ちなみにこのツアー料金は70000円。84000円なら高い?byy
by ysarubiak | 2006-09-29 07:59 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(1日目)・宿泊先

今回は2日間このビーチホテルサンシャインで連泊する。着いた時点では外はもう真っ暗。山側の部屋だった。が・・・ホテルの好意で荷物をそのままにに明日は海側のオーシャンビューに変更になるそうだ。明日が海側のオーシャンビューでラッキー!だって明日はまだ明るいうちにホテルに帰ることが出来るもの。そして、どのベットで寝るかはジャンケンで決めた。ダブル1とセミダブル2のトリプル。勝利者はともちゃん勿論ダブルべッットに・・・

d0050007_1851175.jpgd0050007_18512761.jpg
d0050007_1615252.jpg早速長旅の疲れをとるために浴衣に着替えた。が・・・ともちゃんは長め(-.-) Kはツンツルテン(-.-)まるでバカボンである。ともちゃんにおおいに受け今回の旅行はKはバカボンと命名されることに・・・このホテル浴衣は1サイズしかない。バカボン♪
大浴場に行こうと鍵を探したらドアに付いたままになっていた。ドジなバカボンの仕業だ!
このホテル南国には珍しく展望大浴場があり露天風呂もある。

d0050007_15315373.jpgd0050007_1532511.jpg
風呂あがりはやっぱりビールでしょう。沖縄っていったらオリオンビール。そして沖縄限定のチューハイ。ともちゃん用には沖縄のお茶といえばサンピン茶を飲みながら、今日の反省会を・・・Kが「このホテルの大浴場変わっている」という。私達はもう酔ったのかと顔を見合わせた。がその話を聞いて大浴場にカメラ片手にともちゃんと探検~~~

d0050007_15341563.jpgd0050007_15425931.jpg
そして、その浴室には・・・↓
d0050007_15551788.jpg
d0050007_15555085.jpg

d0050007_15565573.jpgなんとヤモリだった。私達は全く気がつかなかった。Kはお風呂に浸かりながら観察していたそうだ。どうりで長風呂だったはずだ。ヤモリの泣き声初めて聞いた。っていうかヤモリを見たのも初めてだった。
そして、沖縄にまで来ても、ともちゃんはトランプ持参してきた。もちろん大富豪をする為に・・・ともちゃんが負けたら寝ようと勝負したが敵は強くなっていた。明日は朝食前に散歩に出かけようと6時に起きる約束をしてオヤスミなさい~今夜はヤモリの泣き声が子守唄♪←聞こえるという事は?ヤモリが・・・byy
by ysarubiak | 2006-09-28 23:30 | 旅行

のんびり離島ミステリーツアー2泊3日(1日目)・観光

日本の島の観光は行った事が無いので、阪急交通の離島ミステリーツアーに申し込んだ。メンバーは私達2人と姪のともちゃん。でも、あと2人行くはずだった・・・土壇場で仕事の都合で去年もミステリーで一緒に行ったS夫婦だ。出発日を変更しようと阪急交通に連絡をとったら大人気で空きがないと・・・残念!S夫婦の分まで楽しんでくる事。

8:30 ともちゃん宅出発

9:20 <スカイパーキング>着 新千歳空港を利用する時はここの駐車場を利用している。会社の指定店になっており更に安く利用できるし・・・

d0050007_2244752.jpg
住所/千歳市本町5丁目3-1
電話/0123-26-1225
※利用する前日予約が必要
集合場所・時間⇒新千歳空港日本空港団体カウンター前 9:50

集合カウンターに行ったら、定年を過ぎた夫婦ずれが殆どで私達が一番若かった。勿論学校を休んで参加している子供はいない。ともちゃんの両親もはじめ、学校は休ませれないと断わってきた。が、ともちゃん話では私が「社会勉強の為に良いと思うし、病気しても学校は休むんだよね~」の言葉で考え直しOK!したそうだ。

新千歳空港発10:50⇒那覇空港着14:15⇒那覇空港発16:35⇒石垣空港着17:30
那覇行きの飛行機の出発が遅れ12:15に出発になった。日本航空の都合でなったので千歳空港レストラン利用券1000円分を一枚づつお詫びとしていただいた。でも、私達にツアーには全く支障がなかった。那覇空港でたっぷり時間があったので・・・昼食代が浮いたラッキー☆
那覇までの飛行時間は3時間25分。乗ごたいあり~で、那覇では乗り継ぎだけになり、石垣島行きに乗り換え、気温30度の石垣島飛行場に到着!、でも、空気はカラッとしていてそんなに暑さを感じない。ホテルに直接入らず1箇所だけ観光。そして夕食場所へ・・・
d0050007_2252037.jpg
18:00
日本最北端の全国で7番目に長い鍾乳洞石垣島鍾乳洞(洞内長3200m)このうち660mを30分で見ることが出来る。
d0050007_2253021.jpg
入ってすぐ目に付くのは、泡盛のビンの数々。鍾乳洞に観光した人がここで泡盛を買って、涼しい鍾乳洞の酒蔵で保存し5~8年後にまた訪れると「古酒」になり高価なお土産になるそうだ。私達は何でもお酒は好きだが泡盛だけは美味しいとは思わないので、ここに預けることは出来ず残念!

d0050007_2253991.jpgd0050007_2254894.jpg
日本で最も早く鍾乳石が成長するとのことです。ライトアップも日本初!

d0050007_226434.jpgd0050007_2261113.jpg
18:30
石垣島鍾乳洞のレストランで夕食d0050007_2261927.jpg
地ビールニヘデビールd0050007_2262672.jpg
ともちゃんも食べられる物ばかりで味付けも良かった。勿論食事の時は現地のお酒なしでは語れない。地ビールを注文!2杯飲み大満足!ともちゃんはパッションフルーツジュースを飲む。あまり好まなかったようだが、好き嫌いあまりないともちゃん飲み干す。エライ~。一緒に同席した、御婦人が今回一人で参加していて、本当は友人2人と来る予定だったがキャンセル待ちで申し込んでいたら行けることになったが友人は行けなくなり一人で参加したと・・・S夫婦のキャンセルがあったから参加出来たのね。

19:10今日の宿泊先のビーチホテルサンシャインへbyy
by ysarubiak | 2006-09-28 19:30 | 旅行

にんにくや

ario 札幌にあるにんにくやでランチをしてきた。イタリア家庭料理のお店で店内は飲み干したワインのビンを並べて間仕切りにしており、いい感じにレイアウトされていた。一緒に行ったAyさんが私に「お宅の部屋の中も今まで飲んだワインのビンを並べたら壁中並ぶのでは?」その通り・・・広い部屋なら遊びでやるのも面白いかもね。コルクは取ってあるが・・・これもまた使い道ありそうで無い。箸置きに使っても数個でいいし、いい使い道は無い物か・・・

d0050007_2133349.jpgd0050007_2133934.jpgd0050007_2134930.jpg
週末は何時も混んでて中々入れない人気店!食べ物はどれも美味しかった。ピザは2種しかなかったが、生地は薄く食べやすかった。パスタがまた何種類もあり迷ってします。細麺だけど最後までアルデンテで、味もよかった。ガーリックトーストもニンニクが強くなくワインと食べたら最高だろうな~次回はディナー?オムライスも美味しそうだったな~
d0050007_214744.jpg
今夜はKは送別会!飲み会!明日から2泊3日で離島ミステリーツアーに行くのに、2日酔いで行く羽目にならなければいいが・・・byy
by ysarubiak | 2006-09-27 23:25 | お勧めグルメ

彼岸明けのお寺参り

彼岸のお参りに行ってきた。私の父と母が祭られているお寺は小さいが大本山永平寺の直系の曹洞宗のお寺である。常禅寺という。でも、小さいお寺だから行事?は毎回最後の日にしている。お手伝いのお坊さんの手配もある関係か?今日も5人お坊さんが手伝いに来ていました。

d0050007_18281097.jpg11時30分から食事提供がある。毎回同じメニューだが、まぜ御飯・春雨のサラダ・みそ汁(大根・アゲ)・漬物がいただける。これがまた甘めで何となく懐かしい味がして、美味しい。
食事が終ったら12時30分から30分間だけ説教がある。毎回話し上手なお坊さんにお願いしているようで、今日は白石区の住職さんの説教だった。まず、「お彼岸についてお話します。お彼岸とは秋分の日前後3日間をいいます。この期間は僻んで(ひがんで)はならない期間です。」お坊さんはジョークを言って笑いを受けるはずだったが来ている人はお年寄りが多く滑ったみたい。みんな納得しそうになったので、「それは嘘ですが・・」と訂正。「今日は丹波哲郎がお彼岸に亡くなったのでこれはいい話ネタが出来たと思った」と・・・きた。「お彼岸に亡くなる人は幸せ者で浄土に行けて、丹波哲郎の話もまんざらではなかったと実証できた!」と。そうきたか。そしてうけないので「綾小路きみまろが話していたが人間には死ぬ権利があるので、それまで楽しく生きようと・・・:」ちょっとうけた。その後は毒(さんどく)、むさぼりいかりおろかさ三つの迷い!について話してくれた。何となく解ったが話が長くなるのでこの辺で・・・・。
そして最後にコピーした紙をみんなに配り、家に帰ったら額に入れて家宝にして?みんなで声を出して唱えた。またジョーク?以下がその紙。Kに見せたら理解できない~と。我が家はそのまま古新聞行き?
d0050007_22112723.jpg
d0050007_18284222.jpg説教が終わり1時間お彼岸のお参りと先祖供養とか諸々しておわり。最後に主賓者?の常禅寺の住職がお礼の御言葉を・・・そしてお供え物のお菓子をいただいて来る。お菓子は何年もこの2種類だけ。清田区の美しが丘にある菓子処 みつやのである。これがまた美味しい。お寺にお参りに来た人には良いことがあるそうだ・・・丹波哲郎みたく浄土に行ける?byy

追伸:そうそう説教をしてくれた住職さんが、今年の夏は暑かった。暑い夏は冬になるとバタバタと亡くなる人が増え坊主丸儲けの時期になると・・・うける。身体が水分をまだ要求しているがこのごろの寒さで水分を取ったらトイレに行きたくなる回数が増えるので控える。それが血を濃くして一大事になるのでほどほど水分を取るようにと話してくれた。納得!今日の説教はためになった。
by ysarubiak | 2006-09-26 18:38