おじさんのつぶやき日記

ysarubiak.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ショック!スピード違反 (パート4)

d0050007_2155017.gif今日、会社にはナイショで休暇をとり、停止処分者講習を受けに手稲の運転免許試験場へ行ってきた。8時40分集合で遅刻厳禁と書いてあったので、7時45分に家を出た。今日は1日免停の日になり、車ではこないようにとの注意書きがあったため、yに送り迎えをしてもらうことにした。ところが石狩街道に出た途端、どういう訳か車がさっぱり進まない、渋滞している。どうなっているんだと、気持ちはあせるばかり。少しずつ進んでいくとやっとスムーズになってきた。渋滞の原因のひとつに石狩の港で3日間にわたりロックのコンサートがあるらしくそこに向かう車のためのようだった。やはりこういう場合は時間に余裕を持っていかなければならないとつくづく思った。結局20分前につき、充分間に合ったが。
会場は3階だったが、すでにたくさんの人が列を作っていた。全部で80人くらい(あとから聞くと北は滝川、南は室蘭等あちこちから来ていた)。受付に時間がかかり講習は9時からとなった。教官がニコニコしながら入ってきて、「今日はいつもより多いようですね。1日がんばってください。」となごやかな雰囲気。こっちは緊張気味なのに。あとからなぜ多いのかがわかった。
今年の北海道は何故か例年に比べ交通死亡事故の死者が少なく現在8位だそうだ。道警幹部がなんとか今年は毎年1位の汚名返上のチャンスとばかり、取締りに力をいれているそうで、いままでしていない所での測定もやっているとのこと。交通事故死者が多いからなんとかしようという目的ではなかったのだ。動機が不純だ。とんだとばっちりのようだ。
<講義の前に>
初めに今日の終わりに考査という試験があるという。そしてAランクの人は今日1日だけの免停で29日は短縮になるという。それほど、難しくないが、中には落ちる人もいるという。そんな脅しのため、講義は必死に聴くことになる。
<参考>
ランク・・・点数・・・短縮日数・・・停止日数
 A・・・・42~36・・・・・29・・・・・・・・・1
 B・・・・35~30・・・・・25・・・・・・・・・5
 C・・・・29~21・・・・・20・・・・・・・・10
 D・・・・20~ 0・・・・・・0・・・・・・・・30

<講義の内容>
 9:00 ~  9:50  運転適正検査(性格診断みたいなもの)
10:10 ~ 11:50  「ルールとマナー」の教本による試験のための重要ポイントの講義
              (さすがに、これをしっかり聞いていれば試験は楽勝)
11:50 ~ 12:55  昼休み「食堂でラーメン500円ライス80円」
12:55 ~ 13:55   模擬運転実技による運転適正検査
               (ゲームセンターの方ガよっぽどましな位、ひどい物)
14:10 ~ 14:40   映画による勉強(古いビデオ)
14:55 ~ 15:15   考査(20分40問)42点満点。(正か誤のマーク式) 
               <問題例>
                *ギアチェンジはめんどうだから減速はあまりしない。
                 (今時、MT車はめずらしい。)
                *少しくらいならお酒を飲んでも安全運転に気をつけて運転すれ
                  ば大丈夫だ (この程度の問題。)
15:20 ~ 15:50   最近の事故事例等
15:50          結果発表(全員合格)

※とにかくこれで1日の免停ですむのだから、よしとしよう。

追記
<行政処分と刑事処分>前回、モヤットしていたが、今回の講義の中でスッキリした。

<行政処分> ~ 公安委員会が将来ににおける道路交通上の危険を防止するために運転免許を将来に向かって取り消したり、効力を一定期間停止してりする行政目的のために「点数制度」によって行われる。

<刑事処分> ~ 裁判所が過去の違反行為に対する制裁として行われる。(罰金や懲役等)
   
*本質的な違いが理解できた。これで次回25日にスッキリして行ける。byk
by ysarubiak | 2005-08-19 23:30 | スピード違反